blog index

にょいりんかんのん

【TBB】子供の頃大好きだったヒーローといえば、これ!
 幼稚園の頃、ヤッターマンが大好きだった。
 ガンちゃんに憧れ、アイちゃんに恋してた。

 ストーリーとか分かってて見てたかは定かでないが、とにかく変身ポーズが好きだった。服を高く放り投げると裏返って、それを空中で着るってやつ(落ちてきたやつを着るんだっけ??記憶あやふや)。毎晩パジャマに着替える時は真似してた

 ちょっと前までカートゥーンネットワークでやってたんで見てたけど、ガンちゃん13才、アイちゃん12才だったのね。当時はすげー大人だと思ってたけど、中坊だったのだね。その年で大金脈を探して世界中を周ってるだなんて、金に執着し過ぎではなかろうか。

 あと、ドロンジョ様はのび太の声の人で、トンズラーはジャイアンの声の人だった。主従関係が逆転してる。
| にょいりん | 【御題】 | 23:14 | comments(4) | trackbacks(1) |
掃除手伝い

ブッサイクこのうえない


 汚れた網戸を、舐めてキレイにしてくれましたよ。。。

 つかまり立ちをし、手を離して何にも寄りかからずに自力で2秒くらい立っていられるようになった。本人もそれが嬉しいみたいで、ニッコニコしながら手を離して、捕まって、手を離して、捕まって、と何度も繰り返しやってた。

 自分で立って歩くのも1月以内ってとこか。
| にょいりん | 【子供】 | 23:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
魚炉
 にしくんと読売ランド前の『魚炉(ぎょろ)』という飲み屋へ。
 半年くらい前に出来た店で、毎日前を通ってて行こう行こうと言いつつなかなか行けなかったのだが、やっと行けた。

 カウンターのみの小さいとこで、店名が示すとおりメニューのほとんどは。でも刺身はなく一夜干が豊富。目の前で焼いてくれる。ホッケ食ったけど美味かった。あとは何と言ってもクジラベーコン。脂ギットリではなくて、好みの味だった。美味くて2つも頼んじゃった。塩辛も美味かった。なんかコクがあるぞ、と思ったらウニ入りだった。美味し。

 店員さんとの距離が近いから、何気ない会話も出来る温かい雰囲気でステキ。
 目指せ常連!
| にょいりん | 【日常】 | 23:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
YS-11退役
 最後の国産旅客機『YS-11』が今月末をもって国内の定期便から完全撤退するらしい。

 日本が世界に誇ったプロペラ機。別に飛行機マニアではないが、生まれて初めて乗った飛行機がコレだったので、ちょっと感慨深い。

 小学校2年生の時、山形−大阪便。前日に高熱を出し、体調が至極悪いまま搭乗。上空に上がって旋回した際すごく傾いて揺れて、すごく怖くて大泣きした

 旅の目的地は京都。清水寺で引いたオミクジ(自分の記憶では三十三間堂だった気がするのだが、親は清水寺だといっていた)では大凶。思わしくなかった体調は悪化し、高熱&腹痛。京都国立博物館ではトイレから出られない状態。
 翌日医者に行くが『いしわたサ〜ン』って呼ばれる。新米の医者だったようで、ペンライトの電池が切れてアタフタ。手際悪し。

 散々な初YS-11&京都だったが、こんな子供を連れて歩く破目になった親はもっと散々だったろう。

 でも辛かった思いは一切なく、旅行自体がすごく嬉しかった。親が共働きだったんで、24時間ずっと一緒にいられたことが嬉しかったのかもしれない。帰ってきて学校に行き、京都楽しかったな〜、あの楽しい日々は終わっちゃったんだな〜、とボーっと思ってたら、涙出てきた。何でか分からんけど泣けてきた。ヤベぇ、って思って涙拭いたんだけど、それを見ていた友達のトモアキくんが『泣かせたの誰だ!!』って、スゲー怒ってた。いやいや、勝手に泣いたんで。。。

 そんなYS-11から派生した25年前の想い出。
| にょいりん | 【時事】 | 23:43 | comments(2) | trackbacks(4) |
HOLGA
 2週間ほど前、思わず買っちゃったホルガ120FN
 中国製のトイカメラプラスチックのボディーに、プラスチックのレンズ。シャッタースピードはノーマル(1/100秒)かバルブ、絞りは一応『曇り』と『晴れ』の切り替えスイッチがあるものの無意味でF8固定。ファインダーは付いているものの、当然の如くレンズと連動して無いし見づらいので、構図は勘。ストラップをつける金具は付いているが、説明書に『すぐ外れるので付けないで下さい』と書いてある始末。

 いいねー、このチープさ。コントラストも低いので、出来上がりもチープ。普通の日常を撮っても、どことなく懐かしく感じる。息子を撮ったら、万博世代の子供に見えた。

ホルガで撮った写真達

 そしてトンネルエフェクト。写真の周辺まで光が届かないので、トンネルの中から撮った写真のように、写真の4角が黒くなる効果普通のカメラでは欠陥なのだが、その欠陥が味となる。なにせオモチャなもので個体によってその効果の度合いが異なるらしく、自分のはそれほどでもなかった。特に上の方。

 そんな造りだから、出来上がりのほとんどは失敗作。でも、その失敗の中に予期しない失敗が混じってたりする。そこが面白い。『偶然の失敗』を楽しむカメラですな。

 難点はフィルムがブローニーという事。現像に時間かかるし、プリントも頼むと1枚あたりの単価が高い。近所の写真屋に頼んだら1枚80円だった。痛い。自宅に暗室作るか?!
| にょいりん | 【写真】 | 23:58 | comments(0) | trackbacks(3) |
落ちた
トンボ食おうとしてる よくテーブルの上に乗りたがる娘。ってか乗る。降ろしても降ろしても、乗る。キーキー言いながら乗る。

 今日も夕食後に何度もそんな事を繰り返してて、いいかげん疲れたので放っておいた。目を離さないでいれば大丈夫だろうと思って。

 うつ伏せに乗ってて、そこから座る態勢へと起き上がった時、ケツがテーブルからハミ出てしまい、そのまま向こう側に、背中&頭から床にドーン。潜水士スタイルでドーン

 泣いた泣いた。。。

 写真は捕まえたトンボを食おうとしてるとこ。
| にょいりん | 【子供】 | 23:47 | comments(2) | trackbacks(1) |
運動会
 幼稚園の運動会でした。
 台風による雨も心配されたが、なんとか雨は降らずにすんだ。ってかかった。

 昨今の運動会事情を聞くと、子供より親の方が力入っちゃってるみたいで、そういうの(場所取りとか)はヤダな〜と気が重かったのだが、この幼稚園は親の過熱ぶりを制止してくれる条項があって助かった。

 ・開門8時(前夜〜早朝の場所取り&門付近の並び禁止)
 ・アルコール持ち込み禁止
 ・撮影スペース設置
  (自分の子供が出番の時でないと、この場所に入れない)

 会場に入るのも幼稚園が発行した許可証がないと入れないという徹底ぶり。ヤな世の中ではあるがね。

 でも、同じクラスの子の親御さんは6時半から並んだらしい。。。しかもその時点で40人くらい並んでたらしい。。。ダメぢゃん。撮影スペースも結局人でゴッチャゴチャだったので行かなかった。いろいろと条項は設けられてても、親の加熱はソレをも軽く超えてたよ。

これは参加賞の金メダル そんなこんなで開会式の直後に息子の出番。障害物競走
 なんか自分の子が他の子と競ってるのを観るってのは変に緊張する。自分で走る方がなんぼか楽だわ。

 トラック付近は親達でゴッチャゴチャだったので、遠目に娘と応援。息子は巨体のため、遠目でも一目で分かって有難かった。結果、見事に1位思わずハシャいで娘とハイタッチ。何だかんだ言っても、1位になると嬉しいもんだ。

 後の出番は、年中組全員の遊戯と、クラス対抗の親子競技。

 息子の性格からして、ギャラリーが居ると踊ったりはしないだろうと思ってたのだが、ちゃんと踊っててビビった。やれば出来る子なのだな。やらない事の方が多いだけで。。。

 親子競技は奥さんにお任せして、またまた娘と遠目で応援。息子のクラスは1位。やるな。

 そんなこんなで、初めての運動会終了。息子は1位になった事もあり、相当楽しかったようだ。親も想像以上に雰囲気を楽しめた。

 そういやぁ天狗も二人ほど応援に来てた。

写真撮影を申し込まれるほど人気者の天狗

 こうやって近くでみると、天狗って言うより西洋の黒魔道士みたいだ。しっかし天狗が登場すると、子供たちは大喜びなのだ。いい教育だ。
| にょいりん | 【子供】 | 23:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
仏師の意図
 NHKでやってた『大仏に挑む 〜平成の仏師・技と心〜』という番組を見た。運慶・快慶の流れを汲む慶派の仏師のドキュメンタリー。

 その仏師の方は『仏像は器』だと言う。
 自分の彫った仏像を定期的に見て周るそうなのだが、ソコで目にするのは仏像の前で手を合わせ、祈りを捧げる人々の姿。そういう人たちの願いを受け取る『』だと言うのだ。

 そしてその器を造るため木に向かい、仏を呼び、仏を感じながら彫っていくのだそうだ。

 なるほど。仏師が最高の技術をもって造るのは、美術品ではなく、信仰の対象としての偶像なのだ。やはりブツは、美術館で見るものではなく、お堂で見てこそ仏師の意図を含めた本当の姿を見れるのだ。

 40年前、明治の廃仏毀釈で失われた本尊の制作を依頼され、5年前から着手して今年の4月の完成した丈六の不動明王。どっしりとしていて憤怒の表情をしているが、どことなく慈悲を感じる目をしていた。

 きっとこれから何百年と経って、護摩木を燃やした煙で燻されて『平成イイ味だしてるわ〜』って言われる時代が来る事であろう。
| にょいりん | 【日常】 | 23:03 | comments(2) | trackbacks(0) |
ばんそうこう
 仕事中、『絆創膏のこと、他に何て言います?』って聞かれた。

 そりゃあカットバンですよ。
 そう答えたら

 『やっぱ、東北出身ですもんね

 って、なぜ『やっぱ』なんだ?!

 と思ったら、ばんそうこうの言い方で出身地がある程度わかるんだと。
 出身地を推測できる「ばんそうこう」

 へぇ。改めて思うと『カットバン』って商品名だったのね。
 北海道に4年いたが『サビオ』って聞いた事ないわ。

 他にも地域で言い方が違う言葉って面白い。関東・関西で『マック』『マクド』と違うのは有名だが、『でる単』を『しけ単』と言うのか。確かに略す時は、言葉・単語の頭を入れることが一般的なわけで、そういう意味では『しけ単』の方が理に適った言い方な気がする。『木村拓哉』は『キムタク』なわけで『ラタク』『ムラタク』『ラヤ』とは言わないもんなぁ。

 今川焼・大判焼は、山形では『あじまん』でした。

 そう考えると、自分がファイナルファンタジーの事を『エフエフ』ではなく『ファイファン』と言ってしまうのは、地方出身者ゆえなのか?!1作もやった事ないけど。
| にょいりん | 【日常】 | 22:00 | comments(8) | trackbacks(1) |
悪夢
 今日は9時過ぎに寝た息子が、さっき半べそかきながら起きてきた。

 『ひっく・・・ひっく・・・洗濯機・・・

 普段はどんなに痛い事があっても泣き顔を見せない息子が、顔をクシャクシャにしてベソかいてた。相当怖い夢を見たんだろうなー。でも洗濯機って。。。

 そんな息子は最近、洗濯物をたたむのを手伝ってくれる。
 ほんとキレイにたたんでくれるので非常に助かる。

たたみ中
| にょいりん | 【子供】 | 23:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2006 >>

GIFT
GIFT (JUGEMレビュー »)
the blondie plastic wagon, 篠原信夫

bolg index このページの先頭へ