blog index

にょいりんかんのん

わんにゃんワールドへ
散歩させ 近頃の息子は、ちっちゃい犬が大好きで、事あるごとに『わんにゃん行きたい』と言ってたので、多摩センターにある『わんにゃんワールド』へ。

 小型犬ふれあいコーナーでは、犬を膝に乗せて抱っこしたがってたのだが、やっぱ子供の膝の上って面積が小さいから居心地良くないみたいで、乗っかってもすぐ降りちゃう。それでも『成功!』とか言って、短い時間でも抱っこ出来た事には満足げだった。

 娘は怖がるかなーと思いつつも近くで見せてみたら、興味ありありのようで、手伸ばして触りにいってた。

 ネコゾーンへ。息子は犬派のようだが、父母は猫派。表面には一切出さず、こっそりハシャいでみる

 そして犬の散歩。公園とかで散歩してる人見ると、すっごく羨ましそうに、やりたそうにしてるので、親としてもさせてあげたいと思うわけで。
 そんなわけでポメラニアンをチョイスし散歩させる。まぁ楽しそうにやってましたわ。自分も一緒について行ってたんだけど、途中で

 『ここで待ってて

 と一人で散歩させたがる。希望を叶えさせてあげましたよ。

 散歩コースを15分散歩させるのにかかる費用、1,000円

 結構イタイ


 その後、隣接するTAITOのゲーセンで遊びまくる。5〜6年ぶりくらいにバッティングやったけど、20球中、半分もまともに打てなかった。衰えたものよ。。。
| にょいりん | 【子供】 | 23:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
寝ぼけ
 朝 目覚メル

 時計 見ル

 8時10分(だと思ってた)

 起キル

 DAKARA 飲ム

 パソコン デ 天気予報 チェック スル

 パソコン ノ 時計 見ル

 8時20分(だと思ってた)

 風呂 行ク

 給湯スイッチ ノ 時計 見ル

 8時21分(だと思ってた)

 シャワー 浴ビル

 アガル

 予想時刻 8時45分

 奥サン 現ル

 ドライヤー スル

 奥サン ノ 携帯アラーム 鳴ル

 奥サン 再度 現ル

 『今日・・・早番?・・・ヂャ・・・ナイヨネ?』

 オレ、不思議ガル。

 『今・・・8時・・・』

 オレ、驚ク。

 8時過ギ ニ 起キタノニ

 シャワー浴ビ終ワッタ 今ガ 8時??


 無意識のうちに1時間ほど時空を遡ったのか、地球の自転が逆回転したのか、寝ぼけて早く起きた事に気づかなかったのか。

 ちょっとウダウダして、いつもより30分早く会社に向かう。
 三文のかった。
| にょいりん | 【日常】 | 22:58 | comments(2) | trackbacks(0) |
見た目 急成長
 暖かくなってきたので、今までの上下つながってる服(ツーウェイオール?カバーオール?)ではなく、カットソー&スパッツと上下分かれた服を着せてみた。

 なんか急に大きくなった感じ。



 
| にょいりん | 【子供】 | 23:20 | comments(2) | trackbacks(0) |
一澤信三郎帆布
 数日経っちまいましたが、一澤信三郎さんの新ブランドが発表になったようで。

 信三郎帆布
 信三郎かばん
  (「かばん」の漢字は布へんに包む)

 この2種類のネームタグがあるそうな。発表文章の画像では、それぞれのネームの下に何か文字が書いてあるのだが、ちっちゃ過ぎて判別不能。拡大して見たけど、文字がつぶれちゃって判別不能。何かしら使い分けがあるのでしょかね?

 『カバン』と言う漢字は本来、革へんに包むで『鞄』だが、帆布は布製なので、革を布に換えて『布包』という新しい漢字を作ったのだとか。ステキだと思います。

 新店舗のオープンは、4月6日(木)の9時だそうです。地図を見る限り、新店舗は一澤帆布の道路挟んで斜め向かいくらいのようだが。。。

 オープンの日は、我々が新店舗近くの高台寺で挙式を行った日でわないか。
 奇遇ですな。
| にょいりん | 【時事】 | 22:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
娘考察
 最近の娘の最上級喜び表現は『ベロ出し』。

 ベロ出しながら笑ってヴゥーヴゥー唸る。

 そんな娘が初恋か?!

 宇治から京都へ向かうJR奈良線に乗ってた時、ずーっと何かを見ながらアウアウしゃべったり、ベロ出して笑ったりしてた。どうやら車内の壁に貼られたポスターを見ているようだが、その視線の先にはV6の岡田氏がいた(『ポスカム』のポスター)。

 オークションにそのポスター出てたのでその画像を見せてみたところ、やっぱウレシそうな顔して足をバタつかせ、話しかけてるみたいにアウアウ喋ってるし。

 やっぱ将来は部屋中にジャニーズのポスター貼ったりするんかなー。
| にょいりん | 【子供】 | 23:23 | comments(2) | trackbacks(0) |
息子考察
ティラノサウルスと 近頃の息子は、見知らぬ子やその親などの大人にも話しかけたり一緒に遊びたがる。先日の京都旅行でも、そんなシーンが随所にあった。

 まず科学センターではボタンを押すと恐竜が動いたりしゃべったりするところに居た子供に話しかけて何やら談笑してたし、化石を見てたらフラッと現れて色々と説明してくれた係りの人がいたのだが、その人が居なくなった後

 『RYO-KING、お兄さんに質問する!
  ”アフリカゾウは、どこに居ますか?”とか
  ”どうして、マンモスは、象に似てるのですか?”とか!


 と言う。『質問したい』という発言には驚いた。でも係りの人はどこかに行っちゃって見当たらなかったので自分が答えてあげても

 『違うの!お兄さんに聞くの!

 と言ってきかなかった。


 その後のホテルへ向かうタクシーの中でも、明らかにタクシーの運転手に話しかけたそう。でもちょっと恥ずかしいみたいで、自分に向かって

 『今日見た恐竜スゴかったねぇ

 と話を切り出す。そしたら運転手さんが

 『おっ、恐竜見てきはったんですか?!』

 と話に乗ってきてくれたもんだから、もう嬉しくなって、ずーーーっとホテル着くまで運転手さんと恐竜談義に花を咲かせてました。

 菊乃井に向かうタクシーの中でも同様。運転手さんも気さくで良い方だったから、恐竜・タクシー・ハト・その他京都で行ってきたトコの話しをずーーーっと2人でしてました。ウチラはちょっとフォローする程度。

 でも中には無口なタクシー運転手さんもいるわけで、宇治から平等院へ向かうタクシーでも息子は話したいみたいで、まずは

 『今日は寒いねー

 と天気の話から入り、恐竜の話なんかもするのだが、いっこうに運転手さんは食いついてこない。それでも食いつかせようとあれこれ話題を変えて自分越しに話しかけるも、全然食いついてきてくれなくて、ちょっと残念そうだった。

 食堂なんかでも食べ終わると

 『”美味しかった”って言おうかな

 と小声で確認し、言えばいいじゃんというと、店の人に話しかける。

 みんながみんな子供好きで良い人ばかりじゃないから、親としては結構ヒヤヒヤもんですよ。

 そして写真撮られギライ。撮ろうとすると不機嫌になる。おかげで今回の旅行写真は、ほとんど無いですわ。
| にょいりん | 【子供】 | 22:55 | comments(2) | trackbacks(0) |
卒業
トムの真似らしい 息子が2年間通った育児サークルも、本日をもって卒業

 振り返ってみれば、最初は母親と離れ離れになるのがイヤで、朝会社に出かける自分に『今日行かない!』と半べそかきながら訴え続け、それでも騙し騙し連れて行く日々。仕事してても大丈夫か気が気でなかった。

 いつの日からかそこで遊ぶのも楽しくなったみたいで、その日の出来事を色々と話してくれるようになった。でもみんなでやる遊戯なんかはキライで輪に入らず、他の子にも自分から話しかけたりすることも無く自分の世界を楽んでいた模様。

 それが最近になって自分から話しかける・輪に入っていくようにもなったらしく『RYO-KINGねー、○○(友達の名前呼び捨て)とタッグパートナーなの!』と嬉しそうに話する姿を見てこっちも嬉しくなって。

 ココまでくるのに2年、やっと馴染んできたところで終わっちゃうのは寂しいけど、ほんと行かせてよかったと思う。

 あと2週間もすれば幼稚園。今までの何十倍という人の中、また最初は『行かない!』とか言うかもしれないけど、この2年間で心も成長してるから大丈夫っしょ。楽しんでちょうだいっ!
| にょいりん | 【日常】 | 22:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
京都最終日
 最終日にしてやっと晴れたが寒い。

 宇治の平等院へ。

 特別公開されてた蓮華手菩薩。右にくねらせた腰、やや踏み出した左足がセクシー

阿弥陀堂と梅 『鳳凰堂』の名で親しまれている阿弥陀堂の対岸に立ち、くり貫かれた窓よりのぞく阿弥陀の尊顔を拝す。今にも格子が開き、阿弥陀が出動しそうな秘密基地風な佇まいがたまらない。

 前回平等院に来たのは、かれこれ6年近く前。その時より拝観システムがガラリと変わってた。阿弥陀堂への拝観が、時間制人数制。ギュウギュウ詰めの堂内で強制的に説明を聞かされるのは苦痛だった。
 阿弥陀だけ見れば、さすが定朝様、穏やかな中にもドッシリとした貫禄がある。

 ただ、壁面でバックミュージックを奏でていた雲中供養菩薩の半分が鳳翔館に移され、また台座・光背・天蓋が補修中ということで、ちょっと寂しげな阿弥陀。平安時代に『極楽浄土の存在を疑うのなら、宇治の平等院に行け』(かなり意訳)と言われた華やかな世界とは懸け離れた世界だった。

 そして多くの国宝や重文が展示されている鳳翔館。仏像をゴッホの『ひまわり』と同様の美術品と考えるのであれば、最高の美術館であると思う。ただ、そこにいる仏像達から魂や躍動は感じられなかった。26体の雲中供養菩薩を再び阿弥陀堂に解き放ち、自由に羽ばたかせ、極楽ミュージックを奏でて欲しいと思った。ただグッズは満載で楽しめた。

 1時間くらいでサラっと見るつもりが、なんだかんだで2時間半も経っていた。参道で茶うどんを食した後、宇治茶ソフトクリームを食す。本当はこの後、場所を移動し2寺巡る予定だったが、帰りの時間が迫ってたので諦める。母子は宇治川べりでまったりたたずみ、自分は対岸にある放生院へ。

 放生院は普段仏像の公開はしていないが、申し出れば拝観可とのことだったのでベルを押すも、どなたも居られなかったようなので、泣く泣く引き返す。ガラス戸の向こうには、イイ地蔵がおわすというのに。。。

 暖かい日差しの中、のんびりとした単線に揺られて京都へ戻り、3日間の京都旅行を終える。
| にょいりん | 【日常】 | 23:03 | comments(2) | trackbacks(0) |
京都2日目
 毎回、旅の二日目は子供遊ばせDAY

 当初は野外で遊ぶスポットに行くつもりだったが、前日の雨と、この日の予報も『時々雨』だったので室内で遊べるスポット『青少年科学センター』へ。そこで半日遊びたおす。

 実際の3/5スケールで動いて話すティラノサウルスや地震体験や、結構大人も楽しめる科学実験展示が盛りだくさんで、放っておけば一日でも遊びまくっちゃう感じだった。

 その後、五条に移動して関西チーム・コジマ家と合流し、雪が降る中を六波羅蜜寺六道珍皇寺へ。

 2年前より3度、予定を入れながら時間の関係でカットを余儀なくされ続けていた六波羅蜜寺にやっと行き、伝説のラッパー・空也上人に会うことが出来た。手足を見ると痩せ細ってはいるが、内面の力強さ・そのリアルな表情に、念仏が幻聴として聞こえてくるような気さえした。

 その他にもそれほど広くない収蔵庫内に、どっしりした平安の薬師持国天増長天ハンサム地蔵、首が肩にめり込んで無くなっちゃってるうえに、眉毛・デコが異様に突出したコミカル閻魔など、味のあるブツ満載だった。

東山の花灯路 六道珍皇寺では、閻魔堂の穴から内部を覗くと、迫力満点の閻魔に上から見下ろされた。イイ。それと『伝小野篁作』という鬼卒がグッときた。基本的に『由来』は好きではないのだが『この世とあの世の接点』といわれるこの場所に異様な雰囲気を感じた。六道詣りの頃に来てみたい。

 子供も疲れてきたようだったので、みなさんと別れてホテルへ。

 ちょっと休憩したのち、散歩がてら『京都のへそ』六角堂へ。
 日曜の4時半、すごく緩やかな雰囲気の境内。子供連れやカップルが戯れる。そんな中、青年に『ハトにあげてみな』と息子はドーナッツを渡され、ちぎって投げると、ハトの群れに肩や頭に乗られ襲われる。ソレを笑って写真に収める父。フィルムを入れ替えるためにカバンからフィルムを取り出すと、今度の自分の手や肩に乗っかり突っつかれる。息子は怖いながらも楽しかったようで、ハトマメ買ってハトにやり、また二人で襲われた

東山の花灯路 夕飯は菊乃井で京懐石。もう『美味い』しか言葉が思い浮かばない。伊勢海老の揚げ物、タイの白子ソースがかかった梅などなど、今思い出しただけでもヨダレが出てきちゃう。雰囲気・もてなしも最高です。至極の3時間でした。

 せっかく東山に来たので、一人花灯路へ。9時だって言うのに、人うじゃうじゃ。そんな中を八坂〜ねねの道〜高台寺〜ねねの道〜八坂〜河原町と散歩。一人で歩くと、心の中での独り言が、変な京都弁になる

 そんな感じで、2日目終了。
 寒い一日でした。
| にょいりん | 【日常】 | 17:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
京都初日
たわわちゃんと さらっと箇条書き程度に旅行程を記録。


 京都に着き、駅を出ると小雨がパラついてた。

 昼食にねぎ焼き食って三十三間堂へ。

 堂内でコジマ家と合流。

 雨のために一層薄暗くなっているお堂の中で鈍く光る1001体の千手観音。横・斜めに整然と並んでいる彼等には、コレくらいの光量がよく合っていた。

 その前に並ぶ二十八部衆、訪れるたびに違う発見があり、心ひかれるポイントが違うのだが、今回は神母天王という人の前で多くの時間を過ごした。鬼子母神と同体と考えられているということだが、筋の通った鼻で、眉間にシワを寄せている表情は男前に思えた。衣もシンプルでカッコよかった。

 = 4月・5月中に、安藤さんによって示談金が支払われますように
     ○原 ☆子


 堂内にあった護摩木には、そう記してあった。

 雨が降り続いていたので、予定を変更して京都タワーへ。

 あいにくの天気のため、景色も良くなかったが、展望受付にて念願の『タワケン』こと『京都タワー研究会』の『タワケン体操CD』をゲット。メンバーが卒業のため解散してしまうのが惜しまれる

 チェックイン後、三条御幸町にあるゆず家にてコジマ家&関西在住のみなさん総勢大人8人(子供2人)で飲み。みんなそれぞれ疲れてて、マッタリな中にも喜怒哀楽ありの楽しいひと時でした。
| にょいりん | 【日常】 | 23:28 | comments(0) | trackbacks(0) |

GIFT
GIFT (JUGEMレビュー »)
the blondie plastic wagon, 篠原信夫

bolg index このページの先頭へ