blog index

にょいりんかんのん

<< 5月3日メモ | main | 京都最終日 >>
鹿男、鹿女
 娘に、鹿にせんべいあげたい?って聞いたら

 『あげたい

 と言うので、みんなで奈良へ。

 しかしまぁ、電車で1時間程度で着いたのだが、娘は着いた途端

 『気持ち悪い。。。

 と、テンションだだ下がり。

 少し歩くと、鹿が見えてきた。

 幾つかの鹿ポイントをやり過ごし、娘のテンションが上がってきたところで鹿せんべいを買う。

 『ちょうだい、ちょうだい。

 と言ってるのかどうかは分かんないけど、鹿が首を上下に動かす仕草はカワイイ。

 娘的には柵越しにせんべいをあげるもんだと思ってたみたいで、近距離での鹿を結構怖がってた。


 恐る恐るあげてたのだけど、大人の鹿がヌっとせんべい目掛けてやって来たのに

 『ひぃ!

 とビビって逃げる。

 しかし逃げた方向にも鹿がヌっとやって来て

 『ひぃ!

 とビビってまた逃げる。

 しかしまた逃げた方向にも鹿がヌっとやって来て

 『ひぃ!

 とビビってまた逃げる。

 逃げども逃げども鹿に囲まれ

 『ひぃ!ひぃ!ひぃ!ひぃーーーー!!

 っとパニクって泣き出しちゃった。

 あぁ、奈良に来た一番の目的が。。。


 団子を食わせて落ち着かせて、東大寺の方までなだめながら歩く。

 子鹿だったら怖くないよ?

 トラウマになったら大変なので、なんとか触れ合ってもらえるようにと親必死。

 その間、息子は2つ目(1つ10枚入リ)を買って、ガンガンあげて、しまいには腹を噛まれてた。


 娘はへっぴり腰でビビりながらだけど、なんとか子鹿にはせんべいをあげる楽しさを覚えたみたいで

 『毎日ココでせんべいあげたい。

 と。


 息子の方は3つ目を買い

 『家に鹿3匹くらい欲しいよ!

 と。


 大仏殿で毘盧遮那仏見て、柱くぐって、最初の杞憂が嘘のように予定時間を遥かにオーバーするくらい満喫。

 鹿好きになったのでお土産屋で鹿グッツ買って、さて帰ろうとした時、目に飛び込んできたのは人力車。

 『乗る?

 って軽く聞いてみたら

 『乗る!乗る!

 と、想像以上にノリノリ。

 なので、子供達に乗らせる。


 なんか、引っ張ってくれたお兄さんの話も面白かったみたいで、大変満足して戻ってきた。

 またハマった息子は

 『一日貸しきって乗りたい!

 幾らかかると思ってんだ。。。

 でもまぁ、奈良を満喫してくれたみたいで良かった。
| にょいりん | 【帰省】 | 23:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://nyoirin.kannon.biz/trackback/864878
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

GIFT
GIFT (JUGEMレビュー »)
the blondie plastic wagon, 篠原信夫

bolg index このページの先頭へ