blog index

にょいりんかんのん

終了
 燃え尽きました。



Photo by こじこじ


 ■セットリスト
 -----
 1.リメンバー・アムステルダム
 2.ロシアン・ハスキー
 3.スモーキン・ビリー
 4.キラー・ビーチ
 5.リボルバー・ジャンキー

 en.ダニー・ゴー
 -----
| にょいりん | 【日常】 | 22:15 | comments(8) | trackbacks(0) |
告知
すっかり春である。

昨日東京では桜の満開が宣言されるも

明日は雨の予報なので、今日が絶好の花見日和であるのに
 3時間程度の作業の為に、何故往復3時間以上もかけて
 会社へ行かねばならぬのだ!


とぷりぷりしながら、今日から首都圏でもPitapaを使える
喜びにウキウキし、電車に揺られた。

近頃は、『テラフォーマーズ』を読んでは、ゴキブリと
火星・地球の未来を憂い、

よつばと!』を読んでは、その可愛らしさに胸をほっこり
させ、

有頂天家族』のアニメ化の報せに胸を躍らせている。


そんな折、自身約12年ぶりにライブを行う事が決まった。
-----
<<島村楽器presents 伊藤、山田送別会ライブ(仮)>>
 日時:5月19日(日) 19:00頃〜
 場所:八王子マッチボックス
 料金:1,000円(別途ドリンク代)

-----

出会いは約2年前に遡る。

その日は500円玉貯金で貯まった500円玉200枚を
握り締め、楽器屋へ向かった。

ベースを買おう!とTHEE MICHELLE GUN ELEPHANT
BLANKEY JET CITYなどをベベンと試奏していると、顔見知りの
女性店員さんが、一人の男性店員さんを連れてきた。

彼もミッシェルとか好きみたいで・・・

それから彼とは、楽器屋を訪れるたびに音楽談義から他愛もない
話題まで、何かと会話を交わすようになった。

あくまで連絡先など知らない、店員と客との関係である。

今年の2月、約3ヶ月ぶりに楽器屋を訪れ彼と顔を合わせた時

ちょうど良かった!お会いしたかったんですよ。。。

なにやら神妙な面持ちで話しかけられた。

話を聞くと、2月いっぱい、あと2週間ほどで楽器屋を
辞めてしまうと言う。

最後にお会いできて良かった良かった、と思っていたら

で、退職の記念に、ライブイベントをやろうと思って
 いるんですよ。(楽器屋の)お客さんのバンドを集めて。
 全部コピーばかりで。
 私もミッシェルとかブランキーとかやろうと思ってる
 んですけど、そこでベース弾いてくれませんか?


これまで会ったのも数えるほど、会話を総合しても数十分、
私の腕など数回の試奏を聞いただけであろうに、それだけで
めっきり脳細胞も死滅し、まともに曲も覚えられず、中指を
動かそうとすると薬指と小指まで一緒についてくる始末で
ある私のような人間に頼んでしまうとはなんという男気!

そんな男気には男気で答えねばなるまい。

そんな経緯で、今回ライブをやることになったのである。

全曲THEE MICHELLE GUN ELEPHANTのコピーとなりますが、
現時点でやる曲も決まっておらず、他のメンバーともまだ
対面してない即席バンドですが、良かった観に来て下さい。

もし来ていただける方は、ご一報いただければと思います。
| にょいりん | 【日常】 | 22:20 | comments(5) | trackbacks(0) |
もうじき
 ブログの更新を停止してから、約4ヶ月が経過した。

 その間、幾人かに尋ねられた。

 『もう書かないのか?

 その都度答えた。

 『時間がない

 しかし正確には

 『気力がない

 のである。


 長距離通勤というヤツは、サラリーマンに容赦なく意地悪をする。

 ギウギウの車内で、隣の人が繰り出すスマートフォンで顔をコツコツつつかれる。

 ギウギウの車内で、おっさんの頭皮丸出しの後頭部を目の前にさらけ出される。

 忘れた頃に、お腹を痛くさせられる。

 通勤で気力を使い果たし、会社で鋭気を養い、また通勤で気力を使い果たす。

 気力が充実する暇がないのである。


 何も考えないように生きようとしても、世の中は様々な媒体による情報に溢れ、否が応にも耳からグリグリと脳みそ目掛けて入ってこようとする。

 それらを必死で払いのけているうちに、2013年がやって来ていた。

 そして30代も崖っぷちへと追いやられた。


 2012年も終わりに差し掛かった頃、2冊のノートを購入した。

 息子用のノートと、娘用のノート。

 これまでブログで記録していた事柄を、ノートに書き留めるようにしようと思い立ったのである。

 出来事だけでなく、それぞれに伝えなければならないこと、忘れないでおきたいことを父が書き、場合によってはそれに対して子供たちが返事を書く。

 反対に、子供たちが知りたいこと、聞きたいことを書き、それに対して父が返事を書く。


 親子の会話が無い訳ではない。

 子供たちも日々色々なものとウゴウゴと戦っており、ついつい大事な事を言い忘れる・聞き忘れる・聞いても脳みそから逃げ出してしまいがちであるが故、会話の補助的役割としてのツールであると考える。


 2013年がやって来て間もない頃、父はそれぞれのノートに書いた。

 = 今年の抱負を書きなさい =

 息子は書いた
  通知表で『よくできる』を増やす!
  運動会で(組体操の)ブリッジができるようにする
  ドラムの発表会を頑張る


 = ことしの もくひょうは なんですか? =

 娘は書いた
  ならいごとをする


 娘は続けて書いた

 = おとうさんの ことしのほうふは なんですか? =

 父は書いた
  あしゅらを かんせいさせることです


 ブログの更新を停止してから、約4ヶ月が経過した。

 その間、幾人かに尋ねられた。

 『もう書かないのか?

 そして、こうも尋ねられた。

 『阿修羅は出来たのか?


 何故こんな事を書いているかと言うと、阿修羅がもうじき完成しそうなのである。

| にょいりん | 【日常】 | 11:39 | comments(7) | trackbacks(0) |
俊彦氏
 娘の誕生日を翌日に控え、二週間前の息子の時と同様どこへ行きたいか聞いてみると

 『カラオケ

 と言うので、カラオケへ。


 新体操のリボンを振り回しながらの熱唱。

 ジュエルポッド ダイヤモンドのカメラ、やはり薄暗い室内ではキビシイようだ。


 カラオケに行くとやりたくなるのが

 『全国採点Onlineで、1人中1位を獲る

 誰も歌わなそうなマイナーな曲をガシガシ入れる。

 狙い通りいけたのは1曲。

 おはよう舞妓さん/勝手に観光協会

 これは誰も歌わないだろう、と思って入れた阿修羅ファンクラブの公式ソングである

 愛の偶像(ラブ・アイドル)/高見沢俊彦

 は、既に2人の方が歌っていた。

 先に歌っている人がいた無念さと、仏像ソングが好きな人がこの国のどこかにいるという嬉しさを抱きつつ歌っていると、曲の途中で出てきた現在1位の人の名前が

 高見沢俊彦

 ご、ご本人?!

 それは1位は無理だなーと思いつつ、阿修羅や伐折羅に愛を込めて歌ったところ、結果高見沢俊彦氏を抜いて1位獲得。

 おお、なんと恐れ多い所業。

 最後に表示されるベスト3の人の名前と得点とその人が歌ったカラオケ店名。

 それによると、高見沢俊彦氏は八戸店・・・本人ではないな。
| にょいりん | 【日常】 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
ザ・スライドショー12
 昨日は

 『ザ・スライドショー12
   みうらさん、今度は見仏記SPかよ!


 を観に、渋谷公会堂へ行ってきた。

 東京へ来て約20年、幾度と無く色んなライブへ行っているが、渋谷公会堂へはC.C.Lemonホール時代も含めて、初めて足を踏み入れた。

 えっ?!もうそんな時間?!

 と言うくらい、腹がよじれ、顔の筋肉が疲れるくらい笑いっぱなしの2時間超。

 であるにも関わらず、一つ一つが膨大な要素を持つものだから、一つが脳内に入ってくると、先に入っていたモノが弾き出され、次のモノが脳内に入ってくると、また先に入っていたモノが弾き出され、トコロテン方式で情報が入っては出ていくため

 どうだった?!

 と聞かれると、どう答えていいのか分からない。

 とにかく、この二人は最高のコンビだと思う。


 スライドショーでは、毎回お土産をいただける。

 今回のお土産は


 写真では分からないが、すっごい3Dである。

 いとうせいこうの左手は、すっごい飛び出している。

 今年のみうらさんは、3D推しでいくそうだ。

 さらにコレ、縦42cm×横30cmという大きさで、折る事が出来ない材質なものだから、カバンに入らない。

 駅まで、更に金曜日の夜の満員電車を、この3D剥き出しで持って帰らなければならないという、非常に迷惑な大きさであった。

 さすがMJ。
| にょいりん | 【日常】 | 22:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
10光年
 暑い。

 こんなに暑いのに、まだ梅雨が明けてないってのが腹立たしい。

 大きな人工池のあるところへ水浴びに行こうと思ってたけど、暑すぎてそんな気すら失せた。

 涼しくて過ごしやすい所を求め、結局科学館へプラネタリウムを観に出かけた。

 涼しいわ暗いわ、快適で半分夢の中。

 前半は今夜の夜空の解説。

 後半はドラえもんのプログラムだったのだが、どこでもドアの限界距離が『10光年』という事を知った。

 銀河系の外へ行きたいというのび太に対してそのように(だからどこでもドアは使えないと)言ってたのだが、結局何かしらの方法で銀河系の外まで行ったのだけど、どんな手を使ったのか半分夢の中だったので覚えてない。
| にょいりん | 【日常】 | 23:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
 親不知を抜いてからの食生活は、

 朝:ヨーグルト
 昼:ウィダーインゼリー
 晩:スープ

 これを5日間続けてたら、体重2kg減。

 高校時代くらいの体重になった。

 親不知ダイエット。


 薬も昨日で飲みきったし、腫れも引いてきたので、今日酒解禁。

 お腹の底から幸せな気分になりました。

 今読んでる小説では、赤玉ポートワイン偽電気ブランが頻繁に出てくるので、アルコールを摂取したくてしたくてた。


 今ヘビーローテションで聞いてるアルバムは

 八十八ヶ所巡礼の『八+八』。

 数年後にこのアルバムを聞くと

 あの時は親不知抜いて辛かったな〜

 って思い出すんだろうな〜。
| にょいりん | 【日常】 | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
やっと長年の苦しみから。。。
 左下の親知らずが初めて痛み出したのは、2007年2月下旬。

 その20日ほど前にレーシックをやって勢いがあったので、親知らずも抜いてしまえと歯医者に行ったのだが。。。

 その時の様子はこちら

 あれから年に3〜4回痛むのを我慢し続けて早5年。

 いよいよ今日抜いてもらった!

 真横に生えてたんで、歯茎切って、親知らずを二つに割って、グリングリンのゴリンゴリンのゲロンチョリーってやられて、約30分の格闘の末、やっと抜けた。

 ホントもう、顎持っていかれるかと思った。

 まだなんかグリグリ殺られた感覚が残ってる。。。

 そして歯と一緒に魂も抜かれた。

 もう暫く抜け殻状態で、家までの自転車で10分の距離が長いこと長いこと。

 薬飲むために、10秒チャージのヤツを飲んだのだが、30分を要した。


 一週間くらいは禁酒の覚悟たっだのだが、抜いた後に言われた注意事項では

 『今日はなるべく食事は右側で噛んで下さい。
  今日はなるべく激しい運動は避けて下さい。
  今日はなるべくアルコールは控えて下さい。

 あっ『なるべく』なんだ?!
| にょいりん | 【日常】 | 21:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
梅雨の合間に
 前の会社の人達と庭でバーベキュー。

 大人7人+子供4人。


 明日から暫く禁酒なので、今日は呑んだくれた。

 親知らずが痛み出したので、朝痛み止めを飲んで呑んだくれた。


 今回のダッチオーブン料理は、豚バラのコーラ煮


 豚バラ焼いて、コーラと醤油とワインとミリンで煮るだけ。

 やわらかくて美味〜。

 今までで一番うまく出来たかも。

 これもコストコのデッカい豚バラ塊(A4サイズくらい)があってこそか?!
| にょいりん | 【日常】 | 23:59 | comments(2) | trackbacks(0) |
父の日
 日頃の労をねぎらっていただきました。

 突然

 『第1回 チキチキ このひと口に命をかけろ ききビール〜!

 Budweiser、ヱビス、プレミアムモルツ、スーパードライ、一番搾り、淡麗、のどごし生、こどものビールの8種類から、自分が飲んだ銘柄を当てろというゲームの開催です。

 罰ゲームありです。

 ねぎらわれてるというよりは、

 ビールが好き。
 特にスーパードライが好き。


 と豪語するけど、本当は馬鹿舌なのだろうと試されている感じです。

 第一回戦、見事のどこし生正解。

 第二回戦、見事一番搾り正解。

 面目保った。

 でもココで奥さんから

 『娘が罰ゲームのスタンバイしてるから間違えて

 と小声で指示が。

 と言う事で、第三回戦、外す。

 すると娘が、よく分からないオドロオドロしい自作の歌を歌ってくれた。

 よく覚えてないけど

 『ビールをこぼして 鼻の穴から垂れ流してしまえ

 的な歌詞だったかと思います。

 『どうだった?!ブラックなっちゃん。

 その歌を聞かされることが罰ゲームだったらしい。

 奥さんの話によると、直前にリハーサルをした時は、罰ゲームとして奥さんが娘にビンタされたらしかった。

 なぜ本番でビンタから謎の歌に変更になったかは不明。

 兎にも角にも、ありがとうございました。
| にょいりん | 【日常】 | 23:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

GIFT
GIFT (JUGEMレビュー »)
the blondie plastic wagon, 篠原信夫

bolg index このページの先頭へ