blog index

にょいりんかんのん

帰省、そして帰京
 妻子は8日から、自分は10日の仕事を終えてから新幹線に飛び乗り、帰省。

 今回から、帰省先が京都から再び山形へ。

 暑そうだしダラダラしまくろうと、初日にDVDを3本借りたのだが、結局1本を見ずに返すはめになったくらい、充実した日々。

 しかし、浴衣を着てお墓参りに行ったら夕立ちにあったり

 何日かぶりの猛暑日になるって言うから屋外プールに行ったら、寒すぎて1時間くらいしかいられなかったり

 花火大会を間近で見たら、音が大きくて怖いと娘が半ベソかいたり

 トルコ人にトルコアイスでおちょくられたり

 小学生くらいのイメージだった従妹が二児の母になってたり

 本を買いに出かけたら閉店してたり

 道の駅のレストランで昼食食べようと思って行ったら、デカい本屋になってたり

 山の神、ガッタ山形に

 『オヌシはアウェーだから。

 と洗礼を受けまくる。


 そして昨日帰京。

 地元の学校は、明日からもう2学期だそうな。

 こちらの小学校は、まだ2週間も夏休みが残ってる。

 まだまだお母さんたちの悲鳴が続きます。

| にょいりん | 【帰省】 | 22:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
京都最終日
 滞在7日目の最終日にして、やーーーっと晴れた。


 気持ちよい新緑の中、仁王門通−神宮道−円山公園を通って大谷祖廟まで散歩。

 途中、小洒落たカフェと老舗の料亭、2ヶ所で結婚式の準備が行われていた。

 いいね、京都で結婚式。

 北へ向かう5番のバスはギュウギュウすし詰め状態だけど、歩く人は疎ら。

 のんびり、穏やかな初夏の朝。


 なのにこの人は、数日前からブルー。


 帰りの新幹線も、こんな顔。

 なんで、もう京都に来れないの?

 なんで、引越しするの?

 この家はどうするの?

 誰に借りてるの?

 不満と悲しみが入り混じったような声で、切々と問いかけてくる。

 京都の家に来れなくなるのが寂しいみたい。

 それは、みんな同じ。


 今の家に引越しした時も、前の家が良かったとベソをかき

 車を買い替えた時も、前の車が良かったとベソをかき

 変化が嫌いなんだろう。

 でも不思議と

 幼稚園が良かった

 とは言わず、毎日元気に小学校へ通ってる。


 もうすぐ、また普段の生活が始まる。


 夢のような2年間の京都生活だった。
 (住んでたわけではないが。。。)

 観光では絶対行かないようなトコ

 観光では味わえない空気

 観光では見ることの出来ない、そこで生活する人たちの顔

 思い返すと、白昼夢を見ていたのではないかとさえ思ってしまうような贅沢な時間。


 また、いつか。
| にょいりん | 【帰省】 | 23:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
鹿男、鹿女
 娘に、鹿にせんべいあげたい?って聞いたら

 『あげたい

 と言うので、みんなで奈良へ。

 しかしまぁ、電車で1時間程度で着いたのだが、娘は着いた途端

 『気持ち悪い。。。

 と、テンションだだ下がり。

 少し歩くと、鹿が見えてきた。

 幾つかの鹿ポイントをやり過ごし、娘のテンションが上がってきたところで鹿せんべいを買う。

 『ちょうだい、ちょうだい。

 と言ってるのかどうかは分かんないけど、鹿が首を上下に動かす仕草はカワイイ。

 娘的には柵越しにせんべいをあげるもんだと思ってたみたいで、近距離での鹿を結構怖がってた。


 恐る恐るあげてたのだけど、大人の鹿がヌっとせんべい目掛けてやって来たのに

 『ひぃ!

 とビビって逃げる。

 しかし逃げた方向にも鹿がヌっとやって来て

 『ひぃ!

 とビビってまた逃げる。

 しかしまた逃げた方向にも鹿がヌっとやって来て

 『ひぃ!

 とビビってまた逃げる。

 逃げども逃げども鹿に囲まれ

 『ひぃ!ひぃ!ひぃ!ひぃーーーー!!

 っとパニクって泣き出しちゃった。

 あぁ、奈良に来た一番の目的が。。。


 団子を食わせて落ち着かせて、東大寺の方までなだめながら歩く。

 子鹿だったら怖くないよ?

 トラウマになったら大変なので、なんとか触れ合ってもらえるようにと親必死。

 その間、息子は2つ目(1つ10枚入リ)を買って、ガンガンあげて、しまいには腹を噛まれてた。


 娘はへっぴり腰でビビりながらだけど、なんとか子鹿にはせんべいをあげる楽しさを覚えたみたいで

 『毎日ココでせんべいあげたい。

 と。


 息子の方は3つ目を買い

 『家に鹿3匹くらい欲しいよ!

 と。


 大仏殿で毘盧遮那仏見て、柱くぐって、最初の杞憂が嘘のように予定時間を遥かにオーバーするくらい満喫。

 鹿好きになったのでお土産屋で鹿グッツ買って、さて帰ろうとした時、目に飛び込んできたのは人力車。

 『乗る?

 って軽く聞いてみたら

 『乗る!乗る!

 と、想像以上にノリノリ。

 なので、子供達に乗らせる。


 なんか、引っ張ってくれたお兄さんの話も面白かったみたいで、大変満足して戻ってきた。

 またハマった息子は

 『一日貸しきって乗りたい!

 幾らかかると思ってんだ。。。

 でもまぁ、奈良を満喫してくれたみたいで良かった。
| にょいりん | 【帰省】 | 23:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
5月3日メモ
 どんより曇空。

 時々雨の予報。

 なので子供達はじいちゃんばあちゃんにお願いしてイオンモールへ。

 父母は特別公開中の清凉寺へ。

 嵐山は、渡月橋〜天龍寺〜嵯峨野周辺はウジャウジャ人がいたようだけど、清凉寺は閑散。

 宝物庫は貸切状態。

 あんなに良いブツ達がいっぱいおわすのに。


 その後、伊勢丹で合流して、父母息子は土産物屋漁りに新京極へ。

 またゲーセン行ったり、三条通にある昨日とは別の楽器屋行ったり。

 この楽器屋、そこそこ広いうえに、試奏・試打を心ゆくまでさせてくれるところで、一週間ドラム叩いてなくてストレス溜まってた息子は電子ドラム叩きまくり。

 その隣には、なんか『ドラムマニア上手いぜ』的な雰囲気を醸し出してる気持ちよろしくない人が。。。

 スティックでカウントとったりするし

 足動いてないし

 髪の毛がポマードでベットベトだし

 アノ髪の毛で備え付けのヘッドホン着けたら、どうしてくれようかと思った。


 心ゆくまで叩いてスッキリした息子は、今度は

 『スネア欲しい!

 って五月蝿い。

 まだバンドも組んでないし、スタジオにも入らないのに要らないべ。
| にょいりん | 【帰省】 | 23:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
5月2日メモ
 一日中大雨

 USJまで足を伸ばそうかと思ってたようだけど、大雨のため断念。

 明日晴れたら・・・とは思わないくらい心折れた模様。


 なので、ぶらぶらっとLOFT行って、新京極のゲーセンと楽器屋行って。

 一度家帰って、新風館行って。

 久々に好きなブランドの服をガッツリ買えたので満足。
| にょいりん | 【帰省】 | 23:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
水族館
 京都水族館へ。

 開場10分前の7時50分くらいに着いたら、既に4〜50人が並んでた。

 こじんまりとしてて大人にはちょっと物足りない感じだけど、体力のない子供にはちょうどいい広さかな。

 そこそこ楽しめた。



 イルカショーのステージの一番上から見た風景。

 プールの向こうに緑の広場東寺の五重塔新幹線が見えるのは、変な感じだけどステキ。

 この緑の広場は、くるり主催の『京都音楽博覧会』の会場。

 イルカのジャンプ越しに音博ってシチュエーション、たまらないねー。
| にょいりん | 【帰省】 | 23:17 | comments(2) | trackbacks(0) |
2日間まとめ
 昨日はナゴヤドームでデーゲーム観戦して

 名古屋っぽいもの食って

 京都へ移動して。


 娘は朝から張り切って

 『ユニフォーム着て行く!
  お父さんも着て!


 と、横浜線−新幹線とユニフォームで移動。
 (父は丁重にお断る)

 

 試合中も張り切って応援してたのに、中盤になった頃

 『ところでドラゴンズって白(いユニフォームの方)と青(のユニフォームの方)どっち?

 って、知らないで応援してたんか。。。

 浅尾のユニフォームも買って、浅尾も登板して、試合に勝って、みんなご満悦。

 



 今日は、午前中に特別公開中の法林寺行って、加茂川と高野川の合流するデルタ地帯で川遊びしてる娘たちと合流して、コンビニ弁当広げで昼食。

 右手にサンドウィッチを持って、左側にいた娘の方を向いて話してたら、右側の死角からトビがビョンっと飛んできてサンドウィッチ奪われた。。。

 午後からは関西チームの皆さん連れまわして、特別公開中の法性寺・戒光寺・即成院を巡る。

 夜は鴨川ホルモーに出てくる『べろべろばあ』のモデルとなった『どんがま』という店で関西チームの皆さんと飲み。

 ほんといつも子供たちと遊んでいただいてありがとうございます。

 子供を連れて関西に来れる事は暫くないと思うので、関東で!

 どんがまは料理美味いし、酒美味いし、店の雰囲気いいし、店員さんのお姉さんは声優さんみたいな声・しゃべり方だし、最高!
| にょいりん | 【帰省】 | 23:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
木津川市加茂町へ
 今日は足を伸ばして、岩船寺 ⇒ 浄瑠璃寺へ。

 どちらも初だったのだけど、どちらもグッとくるブツ満載だった。

 浄瑠璃寺は本やDVDで何度となく見てたので、良いブツがあるのは知ってたし、予想を裏切らない吉祥天の美しさだったけど、何の情報も得ないまま行った岩船寺。

 紫陽花の寺として有名らしいけど、あのお堂内の仏群はたまらなかった。

 平等院の阿弥陀よりも前に作られたという阿弥陀を中心に、四方を守る鎌倉時代作の四天王。

 鎌倉時代特有の、血管が浮き出るような力強さはなく、どちらかと言うと藤原時代くらいの美しさがあり、それが本尊の阿弥陀にマッチしてた気がする。

 奥には小さくてスリムな普賢菩薩。

 乗ってる象のイヤラシイ目もステキ。

 その横にあった十二神将は小さく四頭身くらいでキュート。

 久々に時間を忘れて、のんびり魅入った。


 その後、バスで昨年秋に出来た東大寺ミュージアムへ。

 予想してた通りのミュージアムだった。

 修理中の法華堂に安置されてた不空羂索観音&日光菩薩&月光菩薩が展示されてたが、やっぱ彼らは法華堂が似合うわ。

 でもグッツが、心くすぐられるグッツが。。。


 月光菩薩のフィギュア買っちゃった。

 海洋堂なんだもの。


 娘に、奈良限定の聖徳太子キティを買っていったところ、いつものように微妙な反応。


 猫ひげ&口ひげって。

 『1,000円札・・・

 って娘が言うので

 『そう、その人は昔5,000円と10,000円札に描かれてたんだよ。

 って教えると

 『えっ?!昔はお金にキティちゃんが描かれたたの?!

 残念だけど、そっちの人じゃなくて。。。
| にょいりん | 【帰省】 | 23:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
やっぱり混み混み
 午前中だらだら〜っと過ごして、午後から二年坂〜三年坂のお土産屋を物色し、その後高島屋の初売りへ。


 やっぱ五重塔は欲しいねぇ。

 去年も経験して分かってた事だけど、人人人で道もデパートの中もなかなか進めないし、どこもかしこも大行列。。。

 結局初売りでは何も買えなかった。

 なんかストレス。。。


 ホルモンでストレス発散。
| にょいりん | 【帰省】 | 23:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
2012
 明けました。

 今年の年明けは、息子と二人、矢田寺で除夜の鐘待ちしてた。

 その後は誓願寺 ⇒ 永福寺とお参りし、ぶらりと八坂神社の方まで散歩。

 四条通は川端通から八坂神社の前まで歩行者天国になってて、多くの人で賑わってた。

 息子はそんな夜遅くに外を出歩くことも、起きてる事も初めてなのでなんかテンション上がってて、普段自らはあまり話すことのない学校の事まで話すなど、すげー饒舌になってた。


 朝はダラダラと起き、おせち食べてお神酒飲んで昼寝して、午後から東本願寺 ⇒ 東寺と参る。

 東寺は、昨年東京国立博物館で開催された『空海と密教美術展』の影響か、グッツが色々増えてた。

 東寺の立体曼荼羅の中では、帝釈天が一番人気と思われるが、自分は降三世梵天が好き。

 その梵天のフィギュアが売ってた。

 手が伸びたが、4,200円の値段を見て我に返る。

 我慢、我慢。。。

 代わりに、値段が1/4以下の根付と、仏像折り紙・仏像ポストイットを購入。


 折り紙好きの娘に見せたら

 『かわいいねぇ。。。

 と、いつものように微妙に気を使ってくれたような反応だった。


 そんなこんなで、今年も宜しくお願いいたします。
| にょいりん | 【帰省】 | 23:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

GIFT
GIFT (JUGEMレビュー »)
the blondie plastic wagon, 篠原信夫

bolg index このページの先頭へ